わくわくサイエンス「ひかりと影のふしぎ」(2020/1/21)

1月21日 岡山駅前グローバルキャンパスで「わくわくサイエンス」が開催されました。 今回のテーマは「光と影のふしぎ」です。
はじめに学生が作る影絵のあてっこ遊びを楽しみました。簡単そうに見える影絵ですが、慣れないと手がひきつりそうになります。学生は当日までしっかり練習を重ねて本番にのぞみました。子どもたちはみんな一生懸命考えてくれました。

今度は自分たちで、身の回りにある物を使って影絵づくりを体験しました。物を持って影を作るため、作った人は見ることができません。お友だちと協力することが大切です。グループで影絵あてっこの問題も作りました。

グループごとの発表会。紹介する人、問題を出す人、司会をする人など、力を合わせて発表しました。

最後は、懐中電灯を使ったアートライトづくり。思い思いの絵を描いて、天井や壁に映して大盛り上がりでした。

この事業は、国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」によって行われている5~6歳、小1~2年生の子ども達対象のサイエンス教室です。

 - Activity Report