わくわくサイエンス「風のふしぎ」(2019/12/9)

12月9日 岡山駅前グローバルキャンパスで「わくわくサイエンス」が開催されました。 今回のテーマは「風のふしぎ」です。

はじめにうちわを自作して、紙コップの車でトンネル通しをして、風の力を感じました。

次は、重さ比べです。形は同じで材質が異なるものを、手のひらにのせて比べました。子どもたちは真剣そのものです。そして、重さを比べた後、今度は浮くかどうかを調べました。グループは今日会ったばかりのお友だちですが、役割を決め、みんなで協力しながら実験です。

最後は、水に浮かぶ水陸両用カ自動車「プカプカカー」を自作して、うちわであおいで遊びました。プカプカカーの中に重りを入れて動かす子どももいて、風と浮力の面白さをたくさん楽しんでくれました。



この事業は、国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」によって行われている5~6歳、小1~2年生の子ども達対象のサイエンス教室です。

 - Activity Report