導入検討:夏の星

マイスター08
第4年「夏の星」
夏の星座の導入を検討し、模擬授業を行いました。
夏の星といえば、誰でも知っている、ひこ星、織り姫星、天の川がありますが、子どもたちは実際に星を観察しているでしょうか。
そこで、私たちは、導入でひこ星、織り姫星と呼ばれている星の正式名称や見つけ方を子ども達に教えて、夏の星座への興味関心を高めたいと考えました。

わし座のアルタイル(ひこ星)、こと座のベガ(織り姫星)、そして天の川を飛ぶ白鳥座のデネブの見つけ方を電子黒板で示し、夏の大三角の話を展開します。
めあては「夏の星座の見つけ方を知ろう」です。導入が決まったら、次は模擬授業です。順番に先生役になって、平松先生や子ども役の学生からアドバイスをもらいながらひたすら模擬授業を行いました。電子黒板にこと座やわし座、白鳥座の絵を描くことも全員練習です。指導力が身に付くように日々、繰り返し実践です。



 - Activity Report