ホウセンカの維管束の実験

ホウセンカの茎をブツ切りにして観察することは容易です。でも、教師を目指す学生には、教科書に載っているような写真を自分達でも写せる、観察できると分かってもらいたいと思っています。そこで、食紅を吸わせた茎を自分たちの手で極めて薄い切片にし、顕微鏡で観察させました。学生は、両刃の安全カミソリを使って、苦心しながら薄い切片をつくりあげ、スマホで写真を撮影していました。顕微鏡の写真はコチラをご覧ください。

一生懸命取り組む学生を見て、改めて「実感を伴う理解」を大切にしたいと思いました。ホウセンカを育てたかいあり!

m18

 - 塾長info