IPU水族館に向けて

学生ホールに水槽が展示されることになり、理科教師塾®のメンバーで淡水魚飼育の準備を進めることになりました。
今日は、水槽に入れる川砂や流木などの採集です。今回は、雑草があまりに生い茂っていて大学近くの砂川で採集することができず、砂川の上流に車を走らせ町苅田(まちかんだ)まで行きました。採集する川砂は120cmの水槽2台分なので、バケツ6杯です。川へ降りるのも一苦労なのですが、バケツいっぱいに入った砂を運ぶのは、もっと大変でした。水分もあるのでとっても重かったです。でも、これもIPU水族館のため!と思いながら頑張りました!

あまり時間が無かったので、川砂と流木だけを採取して帰る予定だったのですが、平松先生にお願いして、少しだけ魚取りをさせてもらいました。面白い発見ですが、以前に採集した時より、魚の動きが良く見えるようになっています。ほんの少しの時間でしたが、やっぱり川の中はサイコーです!

 - Activity Report