2020後期の対面授業

新型コロナ感染症の対策を行いながらの対面授業が始まりました。対策の一つとして実験室の入室人数を制限して行っています。また、実験室は向かい合わせの席となっているため、飛沫感染防止のためのアクリル板衝立が必要不可欠です。そのため、実験は一人で実施したのですが、一人でやらなければならないという緊張感もあって、いい雰囲気で行うことができました。4年生の先輩がSAとして参加しているのが何より心強いようです。

 - Activity Report