「理科教師塾」とは

「理科教師塾」は理科に強い先生を育てます。

「理科に強い先生を育成すれば、理科好きな子どもが増える」という理念のもと、理科の指導力の高い教師を養成するための「理科教師塾」を平成27年度に開設いたしました。
「実感」「体得」「会得」の三つの側面を育成することを「理科教師塾」の基本方針と掲げ、実験器具・備品類の整備、高性能顕微鏡の導入、動植物飼育の飼育栽培など「探究心を喚起する小学校理科教室」の整備を進め、理科に強い先生の育成を目指しています。

「理科教師塾」基本方針

自然の事物現象を実感

実感
自然の事物現象に興味関心が持てるよう、出来得る限り実物を使い、本物に触れながら、自らの諸感覚を働かせ、観察、実験等の具体的な体験を通して探究を進め、実感を伴って理解する。

事物現象へのアプローチを体得

体得
理科で扱う教材は、物理、化学、生物、地学の広範囲にわたり、また、分野や教材内容によって対象へのアプローチの方法は様々。扱う対象によって異なるアプローチの方法を体で覚える。

授業モデルを会得

会得
実験や教材提示の意味を考え、予備実験やワークシートの作成、板書計画、細案作成の後、模擬授業を行い、授業を評価、検討することによって、小学校の理科授業の導入、展開、まとめのプロセスを自分のものにする。

「探究心を喚起する小学校理科教室」を目指して

理科実験室平成27年度、「理科教師塾」と命名された本学の理科実験室は、理科教師塾の基本方針に基づいて「探究心を喚起する小学校理科教室」を目指し、整備を進めてまいりました。小学校第3~6学年で使用するすべての実験器具・備品類はもちろんのこと、質の高い感動を覚えることができる高性能顕微鏡、ICT機器等の整備は、理科の指導力の高い先生を養成するにふさわしい内容であり、実感を大切にする理科教師塾の基本方針そのものです。「実感を伴う理解」「感動からの学び」によって理科の教師力がぐんぐん伸びています。
≫ 理科実験室の整備