大活躍!! IPU理科マイスター

理科教師塾では普段の学びに加えて、、IPU理科マイスターがこれまで学んだ力を発揮する場があります。年7回開催されるオープンキャンパス、スクーリング(通信課程講座)の理科教育法、夏休みに数回実施される外部公開講座、免許更新講座、環太祭での「おもしろ理科実験室」などです。
小学生、高校生、現役の小学校の先生方、保護者の方の前で、プレゼンテーションを行ったり、実験の体験のサポートをしたりと大活躍します。極めつけは、後輩への指導、授業アシスタントがあります。実践を積み重ねながら、自信をつけていく。これこそが理科教師塾ならではの大切な学びです。

オープンキャンパス

オープンキャンパス
本学と理科教師塾の素晴らしさをしっかりアピールします。そして、訪れた高校生が体験したくなるような実験を用意し、サポートしながら実験を行ってもらいます。また、理科の楽しさや発見したとき、気づいたときのダイナミズムを高校生、保護者、引率の先生方に伝え、教師になる夢に向かってどのように突き進んでいるかを熱く語ります。

外部公開講座

公開講座
岡山県内の小学校の先生方をお招きして、理科教師塾で公開講座を開催します。おいでいただく先生方が要望した実験ができるよう平松塾長先生のご指導を受けながら、事前に予備実験をして備えます。当日は、先生方の実験のお手伝いをさせていただきます。先生方から学校や子どもたちの話を伺うことができる貴重な時間です。

おもしろ理科実験室(環太祭)

おもしろ理科実験室
大学祭恒例の「おもしろ理科実験室」は、地域の子どもたちを招いて、理科の実験を体験してもらう企画です。IPU理科マイスターは、子どもたちがワクワクするような実験をみんなで考えて、必要な器具や用品を準備します。当日はサポート役に徹し、安全に配慮しながら一緒に実験を楽しみます。教師を目指すIPU理科マイスターにとって、子どもたちの反応を見ることそのものが勉強になります。
昨年度(2015年)は、100名近くの方で賑わいました。 

授業アシスタント

授業サポート
本学の講義「理科教育法」「理科実験の指導法」等の理科の授業をサポートし、指導法についてのアドバイスをしたり、コメントをしたりします。ときには後輩が間違えて「先生」と声をかけることもあるくらい、頼りにされます。後輩を指導することで、本物の指導力が身に付きます。